スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 2016/05/23/Mon 16:39:39
  • COMMENT:0
  • CATEGORY:展覧会

ありがとうございました

1605 AFT_1_2

もう先々週のことではございますが、
今年のアートフェア東京での藤井誠展、
沢山の皆様にいらして頂き、大変好評のうちに終えることができました。
心より感謝申し上げます。

おなじみのお客様はもとより、
普段画廊にはいらっしゃらないような多くのお客様の生の声を、
作家と一緒に聞ける、大変貴重な機会でございました。

ご好意のお声も、厳しいお声も、今後に生かして参りたいと思います。

今展覧会の目玉である「陽が降り、風が吹く」は、
菱田春草「落葉」のオマージュとして、
日本人にしか描けない洋画を描くことを心情とする作家の藤井誠が、初めて取り組んだ大作でした。
藤井にしか描けない世界を、一つ作り上げたのではないかと自負しております。

芸術が、”コンセプトアート”になって久しくはありますが、
近代洋画の延長線上において「絵を描く」作家、絵を「描ける」作家も
とても少なくなって来ていると感じています。
そしてますます少なくなってくることでしょう。

そうした状況において、今後も藤井誠を、
皆様とともに応援して行きたい、皆様に育てて頂きたい、と改めて強く思った機会でございました。

今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

1605 AFT_2_2


1605 AFT_4_2

  • 2016/05/08/Sun 12:22:08
  • COMMENT:0
  • CATEGORY:展覧会

藤井誠展 ー陽が降り、風が吹くー ART FAIR TOKYO 2016

fujii_higafurikazegafuku_g.jpg

いよいよ来週12日(木)から、国際フォーラムで開催されるART FAIR TOKYO 2016が始まります。
(ご招待客のみ、11日入場)
今回は、アートフェア2回目となる、藤井誠さんの個展です。

fujii_明日を照らす(S30)_b

藤井さんは、”日本の印象派”をテーマに、自然の美しさを切り取っています。
「切り取る」というのは、藤井作品のひとつのキーワードかも知れません。
ぜひ、会場で実際に作品をご覧になって、その意味を感じて頂ければ幸いです。

ブースは、N6。
会場入り口からは、右のブロック、突き当たりの一列のちょうど真ん中あたりです。
http://artfairtokyo.com/galleries/356

若干31歳の若い作家ですが、弊社一同、自信を持ってご紹介させていただきます!

(一般会期)
12日(木) 14:00-21:00
13日(金) 12:00-21:00
14日(土) 10:30-17:00

fujii_青い水面と花の影(P8)_g

4月28日小川游作品館オープンしました♪

来る4月28日、北海道は河西郡中札内村にある「中札内美術村」内に
一水会代表・小川游先生の作品館がオープンいたしました。
お天気にも恵まれ、全国から約150名の方々がお祝いに駆け付けました。


160428テープカット (15)
<記念すべきテープカットの瞬間>
左から 岡村 睦美(埼玉画廊代表取締役)、利根 忠博氏(NPO法人アート・コア・川口理事長)
     小川 游 先生、田村 光義 氏(中札内村村長)、飯田 郷介 氏(中札内美術村館長)

160428テープカット顔修正(58)
約150名の方々がお祝いに駆け付けました。

160428小川游作品館 (1)
<小川游作品館>
二階建てです。
周囲は、柏の原生林に囲まれています。

160428小川游作品館 (2)
作品館の建物は、和歌山の造り酒屋の蔵を
そのまま移築していたものだそうです。

160428小川游作品館 (8)
作品館の銘板です。
文字は、小川游先生の姪御さんによるものです。


今回は、建物内も特別に撮影許可を頂きました。

160428小川游作品館 (15)
一階は、開館直後から皆さん熱心にご覧になっていらっしゃったので、
写真では、二階のみのご紹介となりますが、
一階には、先生19歳(1951年)の頃の作品から、
回想シリーズ、オリエントシリーズなど、画業65年の多岐にわたる仕事がご覧いただけます。

160428小川游作品館 (14)

二階は、北方シリーズの大作が並びます。
北海道を舞台に、小川先生が20年以上描かれている代表的な作品が四方を飾ります。

160428小川游作品館 (12)

歴史ある蔵の壁の白や天井、梁の木地色と先生の作品が調和した素晴らしい空間でした。


中札内美術村は本年は、10月16日までの営業です。
入館料等詳細は六花亭さんHPにて、ご確認ください。

池を挟んだ向かいには、埼玉が誇る偉大なる画家、「相原求一朗美術館」がございます。
160428中札内美術村 (4)

これからの季節、柏の原生林も新緑の季節を迎えます。
とても気持ちのいい「中札内美術村 小川游作品館」へ皆様も足をお運びください。

小川先生、この度は、誠におめでとうございます!


(石川)

FM川口にてラジオ番組始まります♪♪

こんにちは(^∇^)

4月より、毎週土日 朝8:55頃より、
FM川口(fm856)にて、
埼玉画廊プレゼンツ
「アートギャラリー 絵と音楽」の放送が始まります。

現在、東京近郊で開催されている展覧会にちなんだ小話を提供致します。

初回のテーマは、「カラヴァッジョ」です。

現在、上野の国立西洋美術館でカラヴァッジョ展が、開催中です。
皆様は、もうご覧になりましたか?

バロックの先駆者である 天才画家カラヴァッジョの光と闇。
あまり馴染みのない方にも興味を持って頂けるように、
竹内が分かりやすく説明しました!(つもり)

どうぞ、放送時間になったら川口市内に来て(笑)、ご拝聴ください♪
というのは冗談で、今はインターネットでも聴けるので、
どこにいても聴いて頂けると嬉しいです。

ちなみに、今のところ、更新は月ごとですので、あしからず。

よろしくお願い致します(m==m)

  • 2016/03/28/Mon 19:37:58
  • COMMENT:0
  • CATEGORY:展覧会

第1回「ラ・コリーヌ展」  -Hommage à MATISSE-

大変ごぶさたしております。。
すっかり春めいて、展覧会日和ですね。
埼玉画廊も今週土曜日より、新たなグループ展が始まります。

第1回「ラ・コリーヌ展」  -Hommage à MATISSE-

top-ex-2016328-1.jpg


出品作家

笠井誠一 遊馬賢一 大庭英治
山本耕造 髙梨芳実 新井隆(敬称略)

4月2日(土)〜10日(日)
10:00~18:00
※5日(火)は休廊です

なんと今回は、初日、PM3:00より出品作家の先生方によるギャラリートークがございます!
展示会場でやる予定です。是非是非おいでください♪
※残念ながら、髙梨先生はご都合により、今回はご参加されません※

皆さまのご高覧心よりお待ちしております!(石川)
プロフィール

saitamagallery

Author:saitamagallery
埼玉県川口市に店舗を構える美術画廊です。
埼玉ゆかりの作家を中心に、近現代の洋画、日本画、彫刻を幅広く扱っています。
査定、買取も行っております。
このブログを通して、美術をより身近に感じて頂けたらと思います。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。